2017年1月13日金曜日

Westone Bluetooth Cable (WST-BLUETOOTH)

こんなケーブルが出ていたことを知らなかったのですが、Westoneといえばぶっとい純正ケーブルのところ、スマートなフラットケーブルのBluetoothケーブルが出ていました。約17,000円。

70cmのケーブル全体で14gしかないとのことで、これで8時間再生・200時間待受を謳っていて、Bluetooth 4.0効果を感じます。対応コーデックは aptX, SBC, AAC。対応プロファイルは A2DP, AVRCP, HFP, HSP。DAC(チップセット)はQualcomm CSR8645なので、そこそこ暖かみのある音が鳴るのではないでしょうか。MMCX端子なので、Westone以外のたいていのMMCX採用ドライバにも刺さると思います(なにせWestoneは太いので……)。

Huawei Genuine Leather Case for P9

P9の純正スマートカバーを以前にレビューしていますが、これはその続きで、純正レザーケースのレビューとなります。

メインで使う気はないケースなので明らかに派手な赤をチョイスしたのですが、P9のREDとは合いません。色の傾向が真っ向から違う感じ。

2017年1月10日火曜日

Sony Xperia ray (SO-03C) and Xperia SX (SO-05D)

どうしてこうなった。

どちらもSIMアンロック済みなので日本のそこら辺で買うよりはよかった。

2017年1月7日土曜日

Microsoft Universal Mobile Keyboard (P2Z-00001)

キーボード模索の道は続く。

Microsoft製のキーボードで英字配列かつスタンド機構付きなので、割と期待が持てます。自信満々に『萬用行動鍵盤』(意訳; 汎用モバイルキーボード)と書かれています。価格は5千円ちょっとくらい。日本だと日本語配列のもの(P2Z-00023)が売られているはずです。

2017年1月5日木曜日

Huawei MateBook + ThinkPad Tablet 2 Keyboard

今までMateBookにはBSKBB24を使っていたのだけど、ふと思い立ってペアリングしてみたらキーボードもポインティングデバイスも正常に動作したので、しばらくはこれでいいかもしれない。

なお、純正Keyboard Folioは(世界的な意味での)年末年始関係なく発送されたのだけど、早速配送事故ってて中国だなといった感じ。

2016年12月31日土曜日

Huawei Smart Cover Case for P9

注文していたHuawei純正ケースが届いたので、写真を上げつつ2016年締めのレビューとしたいと思います。この『Smart Cover Case』は、近年流行のウィンドウ付きの手帳型ケースです。

初稿時、「ケース全体を開いた図がない」というご指摘があったため、追加します。また、価格は換算だいたい1,300円程度です。

追記; Amazon.co.jpで扱う業者が出始めたようです。〝Sビュー〟とありますが、これはSamsungの同機能の呼称で、Huawei純正のSmart Coverだと思われます。中国深圳から発送、航空便で2週程度、お値段は3,000円強と元の倍以上します(そのぶんお手軽に買えますが)。色は全色揃っていないようです(中国国内でも特定の色にこだわると入手が難しいですので)。

[AA] Amazon.co.jp: Huawei P9 ケース
[Huawei純正] Huawei P9ケース Sビューウィンドウカバー オリジナル手帳型ケース フリップカバー: グレイ | ゴールド | ブラウン

なお、純正ケースはもう1種類あって(AppleのLeather Caseのようなもの)、こちらも手配をかけておりますのでレビューまで少々お待ちください。

ケースの質感をマクロ撮影で。レザーの質感をご覧ください。

ケースのフィット感としては、これ以上ないと思います。指紋センサも使いやすいし、仕上げも高級感があります。